なぜわざわざ海外業者とのFX取引を行うのか


hiyuer現在取引の出来るFX業者には海外の業者と国内の業者が有ります、ほとんどのトレーダーは国内業者との取引ですが、ネット上で取引をするためのシステムツールはほとんどが海外業者の取引ツールを利用しています、この場合国内業者が海外業者と提携して海外業者の取引ツールを使用する形態をとっていて、取引先はあくまでも国内業者と言うことになります、ここで言う海外業者とは日本に居るトレーダーが海外にある会社と直接口座を開いて取引をする、そんな取引形態の事です。

それでは国内業者でも取引ができるのになぜわざわざ海外FXやバイナリーオプション取引を選ぶトレーダーが多いのでしょうか。ざっと海外国内の比較を行ってみると、やはりhttp://www.ハイロー.net/のような海外業者とわざわざ取引を行うメリットが存在するのです。

先ず第一にレバレッジの問題が有ります、レバレッジとは倍率の事ですが、日本では数年前に規制が掛り25倍までとなりました、米ドルを100円/ドルとして計算すると1万米ドルを購入すると100万円掛りますが、レバレッジ25倍だと100万円の1/25である4万円が必要です、ところがレバレッジが100倍まで認められると1万円で1万米ドルの購入ができるのです、海外業者の場合大きいレバレッジでは400倍や1000倍と言ったところもあります、高レバレッジだと負けた時のリスクも当然多くなるのですが、ここ一番の勝負どころでは、高レバレッジを利用してみたいのがトレーダーの心情ではないでしょうか。

又、海外業者の場合入金額に対してボーナスと呼ばれる特典が付くのが一般的です、ボーナスは50%は当たり前で多いところでは100%なんてところもあります、ボーナスはその金額は出金できませんが、レバレッジが多い海外業者では取引額を大幅に増やすことができ無視できない金額です。そのほか海外業者ならではの取引商品や、取引通貨の組み合わせが多いことも大きな要因となっています。

海外業者との取引は良い面ばかりでは有りません、当然海外業者故問題点や不安点は存在します。

第一は言葉の壁です、色々なサポートを受けるにしても日本語が伝わらないと不安なものですが最近日本のお客さんをターゲットにしている業者ではほとんどが日本語の話せるスタッフを常駐させています、言葉の壁の問題はほぼ解決しているようです。そのほかは入出金の問題が有ります、国内業者の様にネットバンキングで即座にとは行きませんが、クレジットカードの決済や、海外送金の方法で有る程度スムーズに入出金は出来るようです、ある業者では海外送金の費用の一部を負担するサービスも始まった様で、日本顧客に対する意気込みを感じます、日本での取引とは又一味違う海外FXを試してみてはいかがでしょう。

バリュー投資

バリュー投資では、株価が低めになってきている銘柄に着目する事になります。
極端な話ですが、株価が10円の銘柄などは、いかにも低いでしょう。そこまで下がっている銘柄となると、簡単には下がりづらい訳です。下がりづらさに伴うリスクの低さは、バリュー投資のメリットと言えます。

ただ初めて見る銘柄の場合、果たして割安になってきたかどうか、少々分かりづらい事もあるのです。普段からあまりチャート分析をしていない方々にとっては、少々ハードルが高い事も多いです。ですから銘柄選びで、ちょっと困惑するケースもあるのです。

ところでバリュー投資で銘柄選びをする時には、様々な指標に着目をしてみると良いでしょう。例えばPERと呼ばれる指標があります。株価を利益額で割った数字なのですが、それが一定数字よりも低い銘柄ですと、かなり下がっていると判断できるのです。

一般的には、PERが15倍よりも低い銘柄の場合、かなり下がってきたと見なされる傾向があります。したがってバリュー投資の銘柄選びをする時には、PERが15以下の会社に着目するのも一法です。
それだけではありません。PBRという数字もあるのです。

株価を資産額で割った数字になるのですが、やはりそれにも一定の基準があります。一応は1.5倍を下回っているか否かです。さすがに1.0を下回る銘柄はほぼありませんが、その数字が低い銘柄ならば、かなりの割安感がある訳です。ですから上記のPERと同じく、1.5以下の銘柄に着目してみるのも一法でしょう。

また配当利回りという指標もあります。その表現通り利益率の高さに関わってくる数字ですが、それは上記でも触れた2つの指標と異なり、高い方が良いのです。一般的には、1.5%を上回っているか否かがポイントになります。もちろん数字が高い方が望ましいので、なるべく高い銘柄でバリュー投資を行うと良いでしょう。

それで最近の証券会社では、銘柄を検索する為のシステムなども完備してくれています。上記の数字を入力してみる事により、ある程度数が絞り込まれるのです。
そもそも上場している会社の数は、とても多いです。バリュー投資で利益を狙うのは良いですが、一つ一つの会社のグラフなどを確認していては、途方も無い時間が必要になります。

それよりは、むしろ上記のような指標で検索をする方が効率的なのです。それで良さそうな銘柄をピックアップして、バリュー投資を行う方が、利益が生じる確率も高まるでしょう。